大阪府済生会泉南医療福祉センター

なでしこりんくう

なでしこりんくうヘルパーステーション運営会議について

なでしこりんくうヘルパーステーションでは、毎月月末にヘルパー会議を行い、その際に職員の技術向上、共通意識向上を目指して、話し合い、研修等を行っています。
令和2年度12月の会議では、防護服の着脱方法を再確認しました。
ヘルパーステーションは、利用者様が自宅で生活する上でとても重要なサービスです。
新型コロナウイルスが拡大したとしても、サービス継続に努めなければなりません。
対応として、防護服を着用してサービスを提供しなければならない時があるので、今回研修を実施しました。

以前も行った研修ですが、新入職員もいるので、再度確認することができ、コロナに対してもさらに気を引き締めることができました。

一覧に戻る

Copyright(c)大阪府済生会泉南医療福祉センター 2018 All Rights Reserved.