大阪府済生会泉南医療福祉センター

なでしこりんくう

なでしこりんくうデイサービス新年会行事について

お正月遊び・投扇興(とうせんきょう)
投扇興(とうせんきょう)。日本古来の伝統的対戦型ゲームの一種。
江戸時代中期に、中国より伝来。江戸時代末期に今の形になり、戦後お正月に遊ばれるゲームになったそうです。
桐箱の台の上に立てられた「蝶」と呼ばれる的に向かって扇を投げ、その扇・蝶・枕によって作られる形を、源氏物語や百人一首になぞられた点式にそって採点し、得点を競う遊びだそうです。

利用者様が手作りの扇を投げるのですが、くるっと優雅に回転したり、すーっと遠くに飛んで行ったりと、的の「蝶」に当てるのがなかなか大変でしたが、利用者様一人一人工夫されながら飛ばされ、楽しんでおられました。
お正月遊び・投扇興(とうせんきょう)
ホワイトボードで福笑い
今年の新年会はソーシャルディスタンスを心掛けながら、利用者様が楽しんでもらえるような催しを開催しました。


目隠しは職員お手製使い捨ての紙アイマスク。
参加して下さった利用者様に、使い捨てアイマスクを装着してもらい、ホワイトボードに福笑いをしてもらいました。
利用者様皆さんが声掛けしながら、笑いありの楽しいひと時を過ごしました。

ホワイトボードで福笑い
職員お手製目隠し。
使い捨てで、職員の遊び心が伝わってきます。
新年会行事 おやつ
毎年恒例の《芋ぜんざい》
今年も利用者様から好評でした。
素朴な味わいで、甘さ控えめで美味しいと喜んで下さりました。

一覧に戻る

Copyright(c)大阪府済生会泉南医療福祉センター 2018 All Rights Reserved.