済生会泉南医療福祉センターのご紹介|併設施設や地域との連携

泉南医療福祉センターのご紹介

済生会泉南医療福祉センターの7つの特徴

当センターでは、様々な併設施設と地域との連携で疾患の治療および福祉・医療・保健サービスを
提供する体制を整えています。

  • ヘルスケアの
    統合的施設
  • 各施設を一体的に運営
  • 施設と在宅サービスの
    総合的な対応
  • 地域の保健・福祉医療
    機関と連携した運営
  • リハビリテーションに
    重点を置いた施設
  • 認知症老人に
    配慮した施設
  • 敷地内の緑の
    プロムナード

ごあいさつ

センター長・病院長 馬場  章

センター長・病院長 馬場  章

済生会は1911年(明治44年)に、生活に困り医療を受けられない人々に救いの手を差しのべるようにとの明治天皇のお言葉(済生勅語)により設立されました。
大阪府済生会泉南医療福祉センターは泉南福祉医療保健ゾーン整備計画に基づき2002年(平成14年)4月に開設されました。病院、介護老人保健施設、特別養護老人ホームを同一ビル内に設置し、健康診断による病気の早期発見、治療から在宅医療・介護に至るまで、保健・医療・福祉サービスを一体的に提供できるよう運営しています。住み慣れた自宅や地域での治療継続、生活を支えるために訪問診療、訪問看護ステーション、デイサービス、デイケア(通所リハビリ)、ヘルパー事業、地域密着型サービスである小規模多機能居宅介護事業のほか、南泉州地域では唯一の定期巡回・随時対応サービスを開始しました。また、2019年(平成31年)2月に看護師特定行為研修機関として厚労省の指定を受けるなどスタッフのレベルアップにも注力しています。
これらの活動を通じて地域の皆様が安心して暮らせる町づくりに貢献して参ります。

私たち看護部は「救療済世」の精神の下、自身のスキルアップと心の成長を目標とし、『なでしこナース』を目指しております。
その『なでしこナース』のモットーは当センターをご利用になる患者様、利用者様ひとり一人を大切にする看護です。その為、当センターに関わられます全ての方の生命・人権・意思を尊重し「心に寄り添える看護」「安心して療養できる環境」「安全・確実で質の高い看護」の提供に日々努めてまいります。
一方、看護師の育成には医療系・介護系看護師が成長するためのツールとして、独自に考案したキャリアラダー制度を導入しています。
様々なキャリアを持つ看護師が、到達目標を可視化しその上で個々に合わせた目標を設定し、次のレベルに確実にステップアップ出来るようになります。
総長のごあいさつにもございました、看護師特定行為区分は「栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連」「感染に係る薬剤投与関連」の2行為の受講が可能です。
以上のような充実した教育体制下、自身が目指す看護師へとキャリアアップしながら、共に成長し地域の医療ニーズに対応できる看護を目指しております。

センター看護部長 種市 敏子

センター看護部長 種市 敏子

沿革

平成 14年 02月 泉南特別養護老人ホーム なでしこりんくう 開設
平成 14年 04月 済生会泉南医療福祉センター 開設
平成 14年 06月 泉南訪問看護ステーション 開設
平成 18年 04月 泉南市地域包括支援センター なでしこりんくう 開設
平成 22年 03月 小規模多機能型居宅介護事業 なでしこ泉南 開設
平成 29年 10月 定期巡回・随時対応型訪問介護看護 泉南 開設

Copyright(c)大阪府済生会泉南医療福祉センター 2018 All Rights Reserved.